借り換え暗にかかる諸費用について

購入時よりも安く済む保証料と火災保険料

 

住宅購入時の住宅ローンでは、ローン金額等によって差があるものの、諸費用がおおよそ200万円
程度必要になります。

 
この諸費用の内訳で金額の多くを占めるのが、保証料、火災保険料、登記費用です。

 
ます保証料ですが、とれは借り換え時にもローン金額に応じて必要です。

 

しかし、借り換え前の金融機関から保証料が一部返還されます。たとえば、期間お年の住宅ローンで、借入して旧年後に借り換えをした場合、残りのお年分の保証料が返還されます。

 
したがって、購入時のように多額の保証料を支払う負担はありません。

 
次に火災保険料ですが、これも、当初の住宅口lン借入時に、お年といった長期の火災保険に加入され
ていることと思います。その火災保険はそのまま引き継げますので、火災保険料の新たな負担はありま
せん。

 

信り換え時には霊記費用の負担が大きい

 

登記費用は、保証料や火災保険料と違い必要になります。

 

借り換え前の金融機関の抵当権を抹消して、借り換え後の金融機関の抵当権を設定する乙とにな
るからです。

 
ただ、もし新築で購入した住宅のローンならば、購入時には抵当権以外に建物の保存登記や所有権の
設定登記芯どが必要ですが、借り換え時は不要です。

 
したがって、新築時の住宅口lンと比べて、登記に関する費用負担は軽く済むでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>