借り換えのメリット・ デメリットは?

借り挽えのメリット

 
過去に住宅金融公庫で住宅ローンを借りている場合、週去最低とも言われる現在の金利情勢よりも高い固定金利での住宅ローンであると思われます。

 
平成旧年旧1ロ月に申し込んだ住宅金融公庫の住宅口ンの適用金利は、当初旧年聞は年利2%です
が、これが借入後日年目以降、金利は上昇します。

 

日年目かうは年利4%となることか5も、金利を低くできないものかと思案するのは当然のことでしょう。

 
平成引年現在では、民間の金融機関の住宅ローンは変動型で年利1%台前半となっています。

 
もし、年利4%の住宅ローンで、ローンの残額2500万円、残期間お年だとした場合、これを年利l%の住宅ローンに借り換えすれば、毎月返済額が旧万円から9万4千円へと、約4万円も減額できるのです。

 

デメリットはないのか

 

借り換え時のデメリットと言えば、ますは「諸費用がかかること」が挙げられます(詳しくは、次項で説明します)。
また、その他のデメリットとして、「今は金利が低くても将来的に金利が逆転して、現在は4%←1%になったとしても、旧年後に1%←6%になるかもしれない」といった懸念があります。

 

ちなみに、平成引年時点での凶年固定金利の住宅口lンでも、年利は4・8%ほどです。
将来の金利が不安であるのならば、長期の固定金利を選択するのもいいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>