具体的な数字で見る「借り換えのメリット」

住宅金融公庫からの借り換え

 

今から旧年ほど前に、住宅金融公庫の住宅ローンを利用してマイホームを購入された場合、当時の金
利は現在に比べ高い水準でした。
そこで、借り換えをするとどのくらいのメリットがあるのかを、実際に計算してみることにします。
平成旧年当時、住宅金融公庫の住宅ローン金利は、借入当初旧年聞は年利2%前後で推移していまし
た。

 

ところが、段階金利でけ年目か5金利が上昇し、什年目以降は年4%前後に上昇する設定と芯ってい
ます。(ということで、こ乙では年4%になるとして計算をすることにします)
平成引年旧月現在、民間の金融機関の住宅ローン金利は、変動金利型で年2475%前後ですが、1・2%優遇措置を使ったとして、年1・275%て借り換えをしたとします。
残高2500万円を期間お年、年利1・275%で借り換えをしたとすると、このように、支払利息の差だけでも、なんと1000万円もの差がでるのです。

 

保証料、登記に関する費用が必要

 

借り換えをした場合、どうしても避け5れ芯いのが、抵当権を住宅金融公庫が5銀行等へ移すための
登記費用です。

 

また、住宅金融公庫にはない保証料が、民間の金融機関では発生します。

 

 

との保証料は不要な金融機関もありますが、多くの金融機関で必要となります。
ただ、こうした費用を勘案しても、それでも約900万円も支払いが軽減されます。借り換えしない理由を見出すほうが難しいほどの差となるのです。

 

家の査定をしたい人は他にいませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>