金利がどの程度下がれば借り換えのメリットがあるのか?

支払総額を計算しておこう
問題です。
3000万円の住宅口ーンを借りて、金利が2%、返済期間が35年ならば、35年で年間利息をどのくらい支払うことになるのでしょうか?

 

答えは、1173万円です。

 
つまり、35年間に1000万円以上の利息を支払うことになります。

 

1年あたりでは33万円、1ヶ月あたりでも約2万8千円も利息を支払っていることになるわけです。

 
住宅ローンの返済を見直したいというのであれば、との利患の支払いをいかに削減していくのかが、
最大のポイントになります。

 
2000万円、3000万円、4000万円を借りた場合に、2~5%の金利では、どのくらいの利患を支払うのかをまとめてあります。

 

借り換えをお考えの方は、ますは、ご自身が現在までに、そして今後どのくらいの利息を支払っていくのかを確認しておきましょう。

 

金利差1%が目安

 

住宅ローンの借り換えといっても、保証料などの諸費用がかかります。

 

なので、わすかな金利差で借り換えをしても、諸費用と手間だけがかかり、結果、無駄なことをしてしまう可能性もあります。

 
諸費用が100万円くういかかることを想定すると、借り換え前と後では、金利差、か1%以上はない
と意味がないと言われています。

 
わずかな金利の差に翻弄されることなく、じっくり計算した上で借り換えの決断をしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>