月別アーカイブ: 2015年10月

金利はこれからどうなるのか?

住宅ローンの相談を受けていると、必ずといってもいいほどよく聞かれる質問があります。
「これから金利はどうなりますか?」最近の住宅ローンは、変動金利型や固定金利型といっただけでなく、5固定、10年固定といったものや、固定と変動をミックスした型もあります。
要は、どれを選べば得かという質問です。
しかし、将来の金利を予測するのは不可能です。

 

しかも、私自身、平成7年に銀行員になって14年に退職するまで、金利は下降し続けた経験があります。
当時は、「もうこれ以上下がらないだろう」と何度も言われており、顧客にも「今が底だと思われますよ」なてことを言っていました。
しかし、金利は底を打ってV字回復するどころか、ますます下降したという苦い経験があります。
こうしたこともあり、安易に将来の話をするのは避けたいと思っています。
なので、今後の金利を聞かれでも、「上がるか下がるかでいうと、確率は上がるほうが高いと思いますが、直、わかりません」と答えています。
ちなみに、平成18年に家を購入した私は、変動金利型を選びました。
2~3年固定型といった選択肢もありましたが、2~3年くらいでは景気回復が難しく、まだ低金利時代が続くと恩われたほか、5年以上の長期の固定金利型は、変動金利型に比べ金利が1~2% も高かったことが理由です。
また、子どもが小学校低学年のうちに、目先の返済額を少なくして将来の教育資金を貯めておきたいと考えたのも理由の一つでした。
今後の金利はどうなるのかわかりませんが、子どもの成長などのライフプランとも相談して考えるようにしましょう。

相続 土地 売却を真剣にお考えなら今すぐコチラをご覧ください。